ラベル Blog の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Blog の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年10月6日火曜日

バク転できた!!

先日、チアを習う生徒が一気に5人、バク転が習得できました。
できた時の喜びは大きいですね。

そして、子どもの可能性をとても凄いものを感じました。
───────────────────
やまうら体操クラブ
〒814-0111 福岡市城南区茶山4丁目3-40 アイレ茶山111
代表)山浦大智(やまうら だいち)
・Mail ➡ yamaura.gymnastics0110@gmail.com
───────────────────
2020年9月9日水曜日

「動ける身体創り」を意識した内容も含めて実施しています

当クラブは、2020年1月10日糸島教室よりスタートした。

内容の中に、発育発達に沿った運動も取り入れている。
(寝返り・四つ這い・高這いなど)
最初のウォーミングアップの中で取り入れている事が多い。
それは、真っ直ぐに立つ「姿勢」やスムーズに「動く」といったカラダの土台創りに繋がるから。

クラブ代表の私は、小学1年生から親の勧めから体操を始め、九州や全国大会にも出場させてもらい、優勝や入賞を経験させてもらえた。

そんな競技生活で、中学3年生の時に国体選手に選ばれ本国体に向けて練習していた時、ゆか運動の練習中に右膝の半月板損傷の怪我を経験した。

その怪我で国体出場を断念したが、それ以上に怪我から復帰した時の体の状態が変わっていた。
ゆか運動の前方伸身宙返りを実施した際、以前の感覚と全然違ったのを記憶している。
以前、連続で何回も行っていた技ができない。

そんな体験から、怪我によって体のバランスを崩す可能性がある事を体で感じた。
それからというもの、右膝への不安感や恐怖感に加え、手首の疲労骨折・肩の翼状肩甲からなる亜脱臼・そして同じ右膝の前十字靭帯断裂。上腕二頭筋腱断裂も経験。
こんな怪我が多かった現役時代から、怪我への処置・怪我をしない為の医療知識の重要性を強く感じるようになった。
そして現役引退後は、スポーツの指導者には医療知識は必須と思い、自分の経験からはりきゅう治療の良さを知っていた為、はりきゅう・柔道整復の国家資格を取得し、自身の経験と合わせたアスリートの怪我への治療ができるようになった。

しかし、怪我をしてバランスを崩す事でパフォーマンスが落ちてしまう経験からも、そもそも怪我しない事の重要性、セルフケアの重要性を感じていた。
そして怪我をしない動ける身体創りは、競技力向上にも繋がり、「本来あるべき状態に戻す事」でもある。
競技として行うスポーツは、無理をし極端な体の使い方をするので、一部に負担がかかったり骨格の歪みが起き、それが動きにくくしたり不調、怪我にも繋がってしまう恐れがある。
だからこそ、使った後は日ごろからケアるする事が必要である。

骨格を整え本来の状態に戻す、という事は競技力向上・怪我防止において重要と思われる。
そのツールの一つに、安全・簡単に出来るストレッチポールがあり、伝える立場にもなった。

子どものうちは体を創っていく時期であるが、愉しくスポーツに取り組む為に、体の成長に必要な運動を取り入れ動ける身体を創る必要がある。
子どもの頃からそんな意識をもってくれると将来的にも役立つ。
そんな自分の歩んできた経験を活かし、愉しく動ける身体創りをしていきながら、体操を、運動を好きになってもらいたいと思う。

そして、スポーツを通して、一生懸命になる愉しさ、向上心を真剣味の中にある愉しさ、取り組む中で感謝・感動といった気持ちも育まれると良いと思っています。

───────────────────
やまうら体操クラブ
〒814-0111 福岡市城南区茶山4丁目3-40 アイレ茶山111
代表)山浦大智(やまうら だいち)
・Mail ➡ yamaura.gymnastics0110@gmail.com
───────────────────
2020年9月2日水曜日

日ごろ当クラブへのご参加ありがとうございます

日ごろから当クラブへのご参加ありがとうございます。
当クラブは、2020年1月に糸島教室からスタートしました。

スタートから多くの方より入会して頂き誠に感謝しております。
そして2月から七隈教室も開催できましたが、すぐにコロナウイルスの影響からレッスンの中止が相次ぎました。
そんな中、出来る事としてオンラインレッスンを実施した所、こちらも多くの方に参加して頂きありがとうございました。
そして再開後は、手洗い・消毒などコロナ対策を実施しながらのレッスンになっていますが、皆様のご協力のおかげで現在も開催できております。
そして、より練習できやすいように、拠点を創りたいとの思いから、8月より当クラブ拠点として茶山に拠点を創りました。

それから一ヶ月経ち、新たな場所でも生徒たちが練習しやすい環境創りに取り組んできました。
拠点を創ってそれまで無かった物として、
・専用のホッピングマット(エアーマット)
・ロングマット
・バク転練習器(バランスボール・どんぐり)
の導入ができました。

また、直接体操以外のスポーツ能力向上に繋がる運動として、「ダンス」「バレエ」「ストレッチポール」を実施する事もできました。
「ダンス」「バレエ」については、担当講師の都合もあり現在ストップしていますが、今後もできるようにしていきたいと思っています。
また、クラブ生徒さんがより習いやすい環境を創っていきたいと思います。

コロナ禍でまだまだ大変ですが、気を付けてお過ごしください。
今後とも、よろしくお願い致します。

───────────────────
やまうら体操クラブ
〒814-0111 福岡市城南区茶山4丁目3-40 アイレ茶山111
代表)山浦大智(やまうら だいち)
・Mail ➡ yamaura.gymnastics0110@gmail.com
───────────────────
2020年8月26日水曜日

バランスボールでの「転回」練習

バランスボールを利用しての練習は感覚を覚えるのにも効果的です。
前方倒立回転とび(転回)の練習に使うと、より積極的に練習していました。
───────────────────
やまうら体操クラブ
〒814-0111 福岡市城南区茶山4丁目3-40 アイレ茶山111
代表)山浦大智(やまうら だいち)
・Mail ➡ yamaura.gymnastics0110@gmail.com
───────────────────
2020年8月12日水曜日

バク転の練習道具

当クラブではバクテンの練習道具を用意しています。

バクテンは「やってみたい!」と思う子が多い技です。
●バク転の動画↓↓

安全に後ろに回転する感覚の練習ができ、初めての子どもにも愉しく練習できます。
ぜひ体験もどうぞ。

───────────────────
やまうら体操クラブ
〒814-0111 福岡市城南区茶山4丁目3-40 アイレ茶山111
代表)山浦大智(やまうら だいち)
・Mail ➡ yamaura.gymnastics0110@gmail.com
───────────────────
2020年8月11日火曜日

ストレッチポールでの様々な運動

当クラブで「ストレッチポール」を利用して様々な運動体験を実施しました。

ストレッチポールに乗ったり、寝たり、座ったり、立ったりと。

そして、自分で色々な使い方をして創意工夫をするのが良いな、と思えました。

───────────────────
やまうら体操クラブ
代表)山浦大智(やまうら だいち)
・Mail ➡ yamaura.gymnastics0110@gmail.com
───────────────────
2020年7月30日木曜日

HPをリニューアル!!

※只今、HPをリニューアル中です。

やまうら体操クラブ 代表 山浦大智


2019年9月29日日曜日

子どもの「体の土台作り」

こんにちは
社会環境や生活の変化により、子どもが健全に発育発達していく事が昔に比べ難しくなっている言われます。

5歳児の1日の歩数は、
1987年は、12000歩だったのが、2007年は約3900歩まで下がっているそうです。

これは便利になりすぎた現代、また危ないから何もさせないようにする要因も挙げられます。
環境の変化によって、
●すぐに掴まり立ちをする
●公園からの遊具の撤去、ボール使用禁止
などがありますが、ヒトの基本機能が育ちにくくなっています。
この基本機能を高めるのに発育発達に沿った運動が役立ちます。
人は産まれて立って歩くようになるまでの過程は、必要な機能を獲得するために行っています。
泣く →  インナーユニットの活性
寝返り → 正中軸の獲得

うつ伏せ → 肩甲帯の安定、伸筋群の発達
等々。
こういった運動によって基本機能を高めていくことが、「身体の土台作り」になります。姿勢や動きの基礎を育むこと。
色々な事に挑戦できる健康な体です。
この土台があった上に → 走る、跳ぶなど自分の体を使う運動 → 投げる、蹴るなど自分とボールや相手など一つの道具と自分で行う運動 → ルールや競争のあるスポーツへと発展していきます。
遊び
多様な運動
動き作り
体作り(まっすぐ立てる体)
なので、まず一番土台にある体作りをしっかり行う事が、身体を動かす事を好きになる事に、ケガの予防に、パフォーマンス向上に繋がります。
こういった学びは、日本コアコンディショニング協会の「コアキッズ体操」セミナーで学ぶ事ができます。

───────────────────
山浦大智(やまうら だいち)
・Mail ➡ daichi.yamaura0819@gmail.com
・Fecebook ➡ https://www.facebook.com/daichi.yamaura
───────────────────